2人ともチランジア
*
ホーム > 店舗 > 元金そのものを減額する

元金そのものを減額する

任意整理という言葉は普通負債整理というように言われており、それらの貸方に借金の支払いを続けていくことを前提とした債務を整理する形です。

 

一般的な手続きでは司法書士の資格者もしくは弁護士の資格を持つもの債権を持つものとあなたの仲介役として相談し合い法によって利息の適用し直しを行って一から計算しなおした借金の元金にかかる金利を削減する形で36か月程度の期日で返済を目指す借金の整理の方法です。

 

この手順を踏む場合はいわゆる裁判所といった公的機関が手出しすることがないので別の手順と比較した場合でも手続きを取った場合におけるデメリットがほとんどなく、過程自体が依頼人にとって頭の痛い問題になりませんので、まずここから比較することをお勧めするやり方といえます。

 

それに、貸し手がサラリーマン金融といったような高い借入利息の際には、利息に関する法律で決められている金利などをゆうに超えて払い込んだ利息分においてはその元金に適用すると判断されもととなる元金そのものを減額することだってできます。

 

つまりは、ヤミ金業者のような法外な利子を取る業者に対してある程度の期間返済し続けている例ではかなりの額をカットすることができるような場合もありますし、10年近く返してきたケースなら借金そのものがなくなってしまうようなこともあります。

 

債務整理の有利な点についてですが、破産とは異なり一部分のお金だけをまとめていくことになるので、他の連帯保証人が関係している借金以外について整理していく際や住宅ローンを除き検討する際などにおいても申請することが可能ですし、築き上げてきた資産を処分してしまう必要がないのでクルマや住宅などの自分名義の資産を持っているけれど、処分したくない場合においても有効な借金整理の手続きになります。

 

ただし、手順を踏んだ後の返済に必要な額と現実の所得額を比較検討し適切に返済が見通せるのであれば任意整理の手続きを進めていくことは問題ありませんが、破産申告と違い借金そのものが消滅してしまうということではありませんので、負債の合計がだいぶある場合においては、現実には任意整理の方法を取るのは容易ではないといえるでしょう。

 


関連記事

元金そのものを減額する
任意整理という言葉は普通負債整理というように言われており、それらの貸方に借金の支...
テスト
テスト記事です。...